電子工作パーツセット有償配布中リスト

キャルキーヤー

  AVRを使用した、エレクトロニクスキーヤーのユニットです。
●回路は、非常に簡単な構成です。

●電源は3V、消費電流にこだわり、
●初心者でも打ちやすい、ドット、ダッシュメモリー付き。

●従来の機能をそのまま生かして、プログラムを新たに開発!

■新機能
●今までのキャル・キーヤーユニットは、入門者向けと考え、
  シンプルイズベストの思いでプログラムの開発をお願いしていましたが、
  キャル・キーヤー5は、
  キーイングスピードは入門者用(Low)とベテラン用(High)の切替が出来ます。 
  あなたの操作に会わせて選ぶ事が出来ます。

●従来のバグキーモードも備えています。
  この切替SWを使用したり、パドルの操作で機能の切替が出来るようになりました。
   1キーイングスピード
   2符号比率調整モード
   3複式モード

●またプログラムに、
   パドルチャタリング吸収処理ロジック内蔵
   複式電鍵ネバリ緩和機能処理ロジック内蔵
  され、よりパドルの操作がやりやすくなりました。


      

回路図
 
 
プリント基板部品実装図 
 

部品取り付け後の基板 ●基板サイズ 41mm×26mm



100均で3個100円のケースに組んでみました。(ケースはパーツセットに含まれません)
 
 小型で移動用と考えて、電源は単5×2を使用。


タカチのYM-100に組んでみました。(ケース、電池はパーツセットに含まれません)
 ブザーの穴開けを忘れています。 スリーブ機能が付いていますので、電源SWがありません。


常時電池接続ですので、ブザー鳴動に消費する電流を勘案しまして
単3電池の仕様にしました。(電池は別途準備をして下さい)

ただ、購入者がそれらを充分承知した上で、ブザー関連の部品配線を省略して、
RIGのサイドトーンでモニタするので問題ない…
という前提の下に単4・単5・ボタン電池に取り換えてください。


■仕様
 ●動作電圧:2.4〜3V
 ●動作電流:2.5mA以下(圧電ブザー未接続時)
 ●スリープ時電流:0.1μA以下
 ●符号比率:1:3〜1:4 可変
 ●キーイングスピード:
        Low 約3.3WPM〜13.3WPM
         High 約10WPM〜40WPM
 ●スピードコントロール:ボリュームにて連続可能
 ●バグキーモード:スイッチ切替にて可能
 ●符号比率設定モード:スイッチ切替とパドル操作と
                ボリュームにて可能
 ●複式電鍵モード:スイッチ切替とパドル操作と
                ボリュームにて可能
 ●パドルチャタリング吸収処理ロジック内蔵
 ●複式電鍵ネバリ緩和機能処理ロジック内蔵
 ●使用マイコン:ATtiny13A (AVR)
 ●基板サイズ:41mm×26mm

 注 意
(1)キーイングスピードについて。
 キーイングスピードは、ボリュームで連続可変します。
 ただし、ボリュームの回転とスピードの関係はリニアーではありません。
 低速範囲が広くなっています。
 Cカーブのボリュームを使用すると回転とスピードのリニアーは近づきます。
(2)キーイングスピードコントロールのVRや抵抗の数値を変更をした場合、
 スピードは高速になりますが、パドルのタッチミスや、プログラム上の設定以外の動作となり、
 ミス符号が出ますので、改造をされる場合は、自己責任でお願いをいたします。


プログラムの設計は、「K Endo」氏です。





キャルキーヤー5
(プリント基板TYEP)

有償配布価格
3.100円







キャリブレーション