電子工作パーツセット有償配布中リスト


オンジエアーモニター

一昔前に色々な形の物が出ていました、携帯電話で通話時にLEDが点滅をする物でした。
900MHz帯の電波を認識できるので、アマチュア無線用に利用できないかとチェックをしたところ、
 HF帯〜1200MHz(10Ghzで確認)まで、ある程度の電力でキャリアのある信号を受信すると、
、LEDが点滅または、点灯しました。


 
この基板を、アマチュア的に再利用しています。
 欠点は、信号を感知して点滅を始めるまで少し時間がかかります。
改造により、オンタイムでの点灯も出来ます。

回路図は公表していません。

基板は、直径20mmで、基板下の金具を使用し、3Vのボタン電池が使用出来る。
外部に3Vの電源を使用することも可能です。
 
このようなケースに入れて、シールを貼って、販売されていました 。
このケースは付属していません。


応用製作例
基板2枚を、タカチのSS−90に組み込みましたん。 ペットボトルキャップに入れた作品です。
裏は、とりあえずテープで止めておられます。
 電池は、ボタン電池を使用されています。
TNX JA3HOI 嘉瀬様
適当な電池(ケース)を使用し、
本体のケースはありません。
基板は、テープで処理をされています。
TNX JA3DIU 戸田様

薄いケースに入れて、外部アンテナを付けられました。
後いくつかのバリーエーションがあるとの事で、感度は、アンテナの長さで多少異なるとの事です。
TNX JE3WMW 鈴木様。
   
 
     
 色々な会場で見ていただいたディスプレイです。
LEDは43個使用されています。電源は、消費電流の関係で、単三×4で6Vにされています。
TNX JA3PYH 岡田 様。

(CQ誌 2004年1月号に製作記事が掲載されています。)
 
   
 
     
 置いて使用するもの?ケースへの収納を考えれば、チョットした測定器の気分です。
TNX JH1FCZ 大久保様。
 


ハンダ付けは数カ所です。後は、あなたのアイデア次第。
ダブレットANTを付けると偏波も解るかと期待をしましたが、駄目でした。
色々な物?に反応をします。




電池ケースは付属しません。
オンジエアーモニター 

有償配布価格 350円  送料 150円 (送料系数1








キャリブレーション