キャリブレーション
パーツセット説明書


FCZの寺子屋シリーズ、ミズホ通信、アイテック電子の各キットと、
オリジナルの商品を提供してまいりました。
このリストは、各パーツセットの説明書の一部内容を修正した物です。
自作の参考にいかがですか?

電 子 工 作
 ●多目的 AF弛張発信器 モールス練習機、雨降り検知器、お風呂ブザー、光線ブザー、シグナルインジェクタ、
導通テスター、など入門用の電子回路で色々応用ができます。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●ピカッ ピカッ LED(赤)が間欠的に「ピカッピカッ」と光ります。
どんな使い方を考えられますか。基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●シグナルウインカ(赤)(赤) 2つの赤色のLEDが交互に点滅をします。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●ホタルモドキ 癒しの空間作りに。ホタルのように点滅をします。東と、西で点滅のスピードが異なるようで、これは東日本仕様です。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●サイン波発信器 きれいなサインウエーブを発振します。発信周波数は、600~900Hzです。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●雨降り検知器 電子工作の定番。ICとプリント基板を使用しており、パーツは少なく完成度は抜群です。後はケースを選んでください。
プリント基板を使用しています。
 ●咽頭マイクロフォン 発想の転換から生まれた、イコライザ不要のマイクです。
このままでは若干ゲインが不足しますので、
マイクアンプ等で少し増幅をする必要が有ります。
 ●シグナルウインカ(高輝度 青・赤) シグナルウインカ(赤)(赤)のLEDを高輝度の物に変えています。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●シグナルウインカ(黄・黄) シグナルウインカ(赤)(赤)のLEDを「黄・黄」に変えて。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●癒やしの3原色 フルカラーLED(赤、緑、青)を使用して、
各LEDの電圧を可変することにより、いろいろな色を発光させます。
 ●ホタルモドキ(講習会用) ホタルモドキの回路でプリント基板を作りました。
手作りでですが、少し工夫をしています。
 ●里のホタル(2匹) PIC1個で、2個のLEDをホタルように、約3.5秒の点滅をさせます。
PICとLEDだけの構成で電源は3V電池です。
基板はデジタルIC基板です。(フォトトランジスタはオプションです))
 ●里のホタル(6匹) PIC3個で、6個のLEDをホタルように、約3.5秒の点滅をさせます。
PICとLEDだけの構成で電源は3V電池です。
フォトトランジスタを使用し、暗くなると点滅を始める機能付き。
基板はデジタルIC基板です。
 ●里のホタル(10匹) PIC5個で、10個のLEDをホタルように、約3.5秒の点滅をさせます。PICとLEDだけの構成で電源は3V電池です。フォトトランジスタを使用し、暗くなると点滅を始める機能付き、基板はデジタルIC基板です。
 ●里のホタル(3匹) PIC1個で、2個のLEDをホタルように、約3.5秒の点滅をさせます。
PICとLEDだけの構成で電源は3V電池です。基板はデジタルIC基板です。
PICの使い方を変更しました。
 ●9V電源アダプタ 006P(9V)の電池の代わりに使用したり、ちょっとした実験に。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●バリアブルフルスケールメータ テスターに変わるとは云いませんが、有ると便利なメーターです。
RFプローブ用に最適、専用プローブも有ります。ケース付きです。
 ●音ミエータ スピーカらの信号で、LED2個を点滅させます。
信号の大きさで2つのLEDの点滅が微妙に異なるのは・・・。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●NiCd電池充電器 単三型NiC電池6本用の超簡単充電器です。
受電時間は長いのですが、いたわり充電をします。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●定電圧電源ユニット 3端子IC LM317Tを使用した、実験用電圧可変電源を作ります。
 ●フラッシュ&ウインカ(未配布) タイマーIC 7555を使用したLED点滅回路を考えましたが。
需要が無く、配布しませんでした。
 ●固定出力電源ユニット 入力電圧は、使用電圧プラス3V~13.5V。
出力は、1.5V、3V、4.5、5V、6V、9Vをスイッチで切り替えます。
電子工作で実験をするときに重宝しています。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●ビジュアル電界強度計 LEDの光具合で、電波を見ることが出来ます。
基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●バッテリー電圧降下アラーム シールドバッテリー使用時に、少しずつ電圧が下がって、設定電圧になると、ブザーで知らせます。 基板は、トランジスタ基板を使用しています。
 ●オンジエアーモニター
          (電池ケース付き)
携帯電話に取り付けて、発信時にLEDが点滅する基板を、
アマチュア的に再利用しています。
キャリアのある信号を受信すると、LEDが点滅または、点灯します。
HF帯~1200MHz(10GHzで確認)まで。
 ●オンジエアーモニター 電池ケースを自由に選んでください。基板+LEDのみの提供です。
 ●LEDライト 単三電池1本で、高輝度白色LEDを点灯させるパーツセットです。
電子工作講習会用に作りましたが、少し小さくしすぎたました。
 ●LEDライト (電池ケース無し) 講習会用に電池ケース無しのパーツセットにしました。
 ●スタンバイPi! 懐かしい「スタンバイPi」です。その昔、アポロ衛星と地上局との交信時、送信の終了時についていた符号です。 基板は、トランジスタ基板を使用します。
 ●モールス練習機 サイン発信器の応用で、疲れにくい音です。
別途、ケース、スピーカー、キーが必要です。
基板は、コンビネーション5基板を使用します。
 ●IAT-CWトレーナー CWの聞き取り練習に。ポケットに入る大きさに作ることが出来ます。コールサインも自動で生成します。プリント基板を使用しています。
開発は、(故)JA3IAT又吉 昭 氏です。




キャリブレーション